top of page

一級建築士試験とは

今年はご縁があり一級建築士試験の講師をさせて頂く機会がありました。


私も昔は受験生でしたので試験にとても苦労した思い出があり、少しでも力になれればと


思い微力ながら講師を務めさせていただきました。


一級建築士試験は一次試験と二次試験があり、一次試験は学科、二次試験は製図という二つに分かれています。


二次試験は一次試験を突破しないと受けられないのですが、6時間半で図面を書き上げる一発勝負の試験です。


例年一級建築士試験の合格率は15%以下という厳しいものになってます。


受験資格が変わり、実務経験がなくても受験可能となりましたが、厳しい試験に変わりありません。


7月に学科の発表がありそれから二次試験までの間やく2ヶ月とちょっとで二次試験がクリアできるようにならなければなりません。



二次試験は一次試験と違い明確な点数が出るわけではありません。


課題文を読み、自分でエスキスし図面を時間内に仕上げなければなりません。


今は手書きで図面を書く機会もななり、図面を描く練習だけでも大変です。


かくゆう私も図面を描くスピードが遅く時間が掛かり苦労した記憶があります。


仕事をしながら勉強する時間を確保し、一発勝負にかける生徒さんの熱意に

刺激を受けながら一緒に試験に向けて、頑張れたことに感謝です。


今年の一級建築士二次試験の課題は『事務所ビル』でしが、


本番では予想外の出題もあり、結果は年末になってみないと分かりません。


良い結果が出ることを願っております。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

宮城県沿岸

先日宮城県沿岸に行く機会があって 行ってきました 東日本大震災から12年 震災当時は災害風旧の調査のため仙台市沿岸 石巻、女川など宮城県沿岸に通ったものですが 地震と津波の爪痕の大きさは今でも強く覚えています。 仕事で通わなくなってからなかなか足が向かなかったのですが、 新しい道路や施設なども整備され、震災当時とは景色が一変していました ただ震災遺構などを見ると当時の記憶が思い出されて 12年経っ

神は細部に宿る

近代建築の巨匠ミース・ファンデル・ローエの有名な言葉として 「神は細部に宿る」 というものがあります。 Less is more といったミニマリズムの標語となった言葉と同様に こだわった建築のディテールが作品の本質を表す。 細やかなところに気を配らなければ美しい作品にはならない。 といった意味ですが、 サッカーなどのスポーツなどでも 同じようなニュアンスでこの言葉を聞くようになりました 「勝敗は

Less is more

Less is more. レス イズ モア 先日お邪魔した料理屋さんにコンセプトとして書いてありました。 この言葉の意味は 「少ないことはより豊かである」 ドイツ出身で近代建築の3大巨匠の一人ミース・ファンデル・ローエ の言葉です。 モダニズム建築を一言で表した。 名言、あるいはコンセプトとして、知られています。 ミニマリズムやミニマリストといった暮らし方にも通じる考え方で 好きな言葉の一つで

Комментарии


bottom of page